読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

LOLやらなんやらや

LOL以外の事が多いかも。書き手は5名ほど。

合コンって絶対無理だなって思った

昨日は帰ってきてすぐ寝てしまいましてそしてすぐ起きてしまいました。

僕はこういう時だいたい5時とかに起きちゃって凄い微妙な気持ちになります。

おはようございます。ときさめです。

 

さて筆の重い僕がこんなにポンポン記事を書こうと思ったのは気持ちを入れ替えたわけでも僕を突き動かす何かがあったわけでもありません。他にすることがないくらい暇なんです。

 

 

実は先日結構な大人数の方とはじめてお顔を合わさせていただく機会があったのですが、初対面と言うのは緊張するものですね。その中には二人だけ先に親交を深めさせていただいた方もいたのですが他はほぼほぼ初対面。

(ちなみにその二人はパチンカスとネトゲ廃人)

 

元々コミュニケーション能力が高いとも言えない僕はまずは隣の人に挨拶しようと思って会場に向かったわけです。

 

 

「こんにち「ときさめさ〜ん新台の牙狼のスペック見ました!?」

 

意気揚々隣の物静かな女の子に声をかけようとした矢先遮るように声をかぶせてくるパチンカス。

 

 

見てねぇしこの場で同類として話しかけてくんのやめろ

 

結局その女の子とはタイミングが合わずお話しすることができませんでした。

 

まぁ出鼻はくじかれてしまいましたがその後の懇親会でなんとか数人にはご挨拶させていただいてさて他のテーブルにも行ってみようと一歩踏み出したその時

 

 

「ときさめさ〜んなんか最近面白いネトゲないっすか??」

 

 

 

僕「ゴッドフィールドでもやっとけ」

 

ゴッドフィールド

 

この二人はどうして僕の邪魔ばかりしてくるのか。これがオタクの悲しき性なのか。ただ一人で虚しく地団駄を踏むことしか出来ませんでした。

 

それからも他の方とお話ししているタイミングで横からやれネトゲだやれパチンコだ言ってくる二人

 

君ら友達作る気ある??

 

僕は忘れません

 

女の子と話が盛り上がっているタイミングで横から「ときさめさん向こうにパチ屋あるからあとでいきましょう!」とかぶっ込んできた時のあの女の子のリアクション

 

「あっときさめくんパチンコするんだ^_^;」

 

その^_^;が全てを物語っていることは言うまでもなかった

 

 

追記

二次会は酔っ払ったバンドマンがよくわかんないことをしゃべり通したあげく消えて行きました。

ちゃんと帰れたのかな。

「合コンでインパクトのある登場しようと思ってちょっと遅れてきて炭酸水頼むっていうのやろうと思ったんだけど急に流れちゃって…」

 

 

流してくれた友達に感謝しろよ